まりの・るうにい「月街星物園」 完売致しました。

まりの・るうにいは東京生まれ。独自にパステル画の技術を修得。
稲垣足穂著「宇宙論入門」を読み終えて描きあげた「『青い花』の断片」以来、ルフランのパステルで稲垣足穂の宇宙世界を描く。また「妖精文庫」「多留保集」などファンタジー、SF文学の装幀挿画も数多く手掛ける。
代表作「土星物語」著書に「パステル飾画」「月街星物園」他がある。
今作品集は、1954年に北宋社より刊行された「月街星物園」を底本として、装丁も新たにLIBRAIRIE6より刊行したものです。

■出版社: LIBRAIRIE6 (2014/10)
販売価格 0円(税0円)